早漏を改善するにはなにがいいのか?

前述のとおり、早漏は過敏性なものと、精神的なものが原因の場合があります。
過敏性のものの場合はトレーニングなどで改善できるとされています。

例えば性行の際に足を立てる、などして擬似的に神経が過敏になりにくくする方法もあるのです。
またイメージトレーニングなども重要です、早漏の場合精神的にプレッシャーがかかりそれで射精を早めてしまう場合もあるからです。

また原始的ではありますがコンドームを二重、三重にすることで早漏を改善できるともされています。
最初に慣れないうちはこの方法の方がいいかもしれません。
しばらくは行為そのものになれることで、精神的にプレッシャーを軽減する、慣れたという意識を体に植え付けることが重要とされています。

一人でする場合ではうまく行くのに女性と一緒の場合に早漏になってしまう原因はこの精神的なものが原因とされています。
最初はなかなかうまく行かないかもしれませんが、トレーニングすることで自分自身に自信を持つこともできるのですが、これも早漏を治すうえで非常に重要なことです。
一説には早漏は脳が引き起こしてしまう現象と言われています。

極度の興奮状態、緊張状態が発生することで女性を意識しすぎて射精を極端に早く促してしまうからです。

このような場合は前述のようにゴムなどで遮断しつつ、最初は慣れることが重要です、最初から無理をしすぎてはいけないのですね。

また最近ではコンドームも早漏防止用のものも発売されています。
これは感度をやや悪くして早漏を防ぐというタイプのものです。

最初は違和感があるかもしれませんがとにかく性行そのものに慣れて自分自身に対して「自分は早漏ではない」という精神的なイメージを植え付けるトレーニングも行っていきましょう。

早漏はあまり悩まないことも重要です、精神的に重みがかかるとやがてそれが勃起不全などになる場合もあります。
デリケートな部分の悩みなので仕方ないかもしれませんが早漏はトレーニングなどで改善はできるのです。
一生このままだったらどうしようという人もいるかもしれませんがそういう考えが早漏を引き起こしてしまう場合もあるのです。

早漏の原因とそれらのトレーニング法などは下記のHPも参照ください

早漏克服!プロによる早漏克服法!