既存の早漏の対策方法

早漏の対策にはいくつか方法があり、少し前に流行ったのがトノスという薬を幹部に塗るというものです。
このトノスは一種の麻酔効果があり、感覚がマヒするので早漏の対策などで一時期話題となりました。
使った人のレビューなどみるとまちまちですが人によっては大分改善されたようです。

しかし、現在薬事法が改正され、ネットではトノスが購入できなくなってしまい、最近あまり話題とならなくなりました。

ネット通販などで購入できるトノヒメゴールドなどが発売されましたが、トノスと比べると効果はあまりないとのことであまり人気はでなかったようです。

その他に早漏対策として話題となったのが向精神薬による早漏の克服です。
実は一部のうつ病の薬などには早漏を改善するという報告例があるのですが、はっきりいってこれは絶対おすすめしません。

この精神薬はSSRIいう精神薬ですが、一部早漏を改善するという報告例もあるものの、早漏になってしまう、起たないといういわゆるインポ状態になってしまうという報告例もあるのです。
そもそも精神薬がどのように早漏を改善するかどうかもはっきり解明されてないにも関わらずむやみに使うのはやめておいたほうが無難です。

早漏どころかインポテツになってしまったり、性欲そのものがなくなる恐れもあるからです。
薬を飲むだけという手っ取り早い早漏対策なので興味を持つ人も多いかもしれませんが、薬に頼る早漏克服は辞めておきましょう。
また薬の場合インポテツ以外にも副作用が様々ある場合もあります。
そもそも医師側が処方するかどうかも不明なので薬以外の早漏克服を行うようにしましょう。