性の悩みは様々

早漏だけでなく最近は性の悩みをいろいろ抱えてる人が増えています、男性も悩みが多いんですが、それはおそらく男性というプライドのせいもあるでしょう。

とくに男性器は男の象徴ともいえるものであって、小さいとコンプレックスに感じる人も多いとか言われています、確かに日本人の場合外人と比べたりすると男性器は小さいと言わざるを得ないのでそれも気にするでしょう。

また女性もそれを求めてるので仕方ありません。

早漏に関しても女性は男性の早漏を治したいという人も多く知恵袋などの悩み相談には多くの男性やその彼女からの性の悩みが寄せられています。

また女性自身も同じく性の悩みがいくつかあるようです。

女性の場合は体の関係が飽きられると捨てられる、面白くないと思われると気にする人が多く、胸を大きくしたい、整形したいけどどうなのか?という質問まであります。

もちろん男性はそこまで付き合ってる女性に対しては気にしてないケースが大半ですが、女性はそこが気になるみたいです。

先日もとあるカウンセラーの方とお話しましたが最近はネットから性の悩み相談ができるせいか問い合わせが殺到してるみたいです。

一番多いのがあそこの黒ずみに関してと言われています。

女性器の場合はすぐに黒くなってしまい、やはり自分も白い色に戻したい、キレイにしたいという人が多いんだとか。

なので今後もこういう性の悩みに対する解決策の需要はどんどん増えるかと思われます。

またこれだけ悩む人が多いのでそれに対してもいろいろな対策が講じられるでしょう。

 

 

 

早漏による問題

 

 

早漏があると様々な問題を引き起こす場合があります。
例えば女性側との不仲がよくあげられます、たいていの女性はそこまで男性側の早漏に対して不満度は高くないのですが、
あまりにも継続すると女性によっては不満もでるようです。
やはり性行というものはコミュニケーションの一種であり、重要なことですので可能であれば直しておきたいところです。
また一部ですが不妊の原因とも言われています。
早漏の場合は女性側が妊娠しやすい状態まで達する前に射精をしてしまうのでこういうことが言われていますが、正直なところ早漏と不妊の関係はわからないともされています。

また一番の問題は男性側のストレスでしょう、男性は精神的に弱ると、勃起不全などを引き起こす場合があるように、早漏だという自分へのプレッシャーなどがEDなどの勃起不全を引き起こすともされています。

一部の人はこのEDの問題とも絡め、バイアグラなどの勃起不全薬を使用する場合もあるそうです。
バイアグラは勃起不全の他、早漏対策にも一役買ってるようで、一部の早漏の人にはバイアグラは早漏対策として使用されているようです。
確かにバイアグラの場合血流が良くなるので多少は神経過敏をカバーしてくれるのかもしれません。
ただしバイアグラはもともとが血流改善の薬であったために血行が良くなりすぎて頭痛や胃炎、遅漏などを引き起こす場合もあるうえ、医薬品ですので
使用に関しては必ず医師に相談してから使用するようにしましょう。

また一部ですがバイアグラは失明の恐れもあると言われています、やや危険な薬でもあるので注意して使用してください。
またEDからくる早漏も一部あります、勃起が中途半端で早漏を引き起こしてしまうということです。
これらは原因がまだよくわからないのですが、精神的な問題もあるものと考えられてます。

早漏を改善するにはなにがいいのか?

前述のとおり、早漏は過敏性なものと、精神的なものが原因の場合があります。
過敏性のものの場合はトレーニングなどで改善できるとされています。

例えば性行の際に足を立てる、などして擬似的に神経が過敏になりにくくする方法もあるのです。
またイメージトレーニングなども重要です、早漏の場合精神的にプレッシャーがかかりそれで射精を早めてしまう場合もあるからです。

また原始的ではありますがコンドームを二重、三重にすることで早漏を改善できるともされています。
最初に慣れないうちはこの方法の方がいいかもしれません。
しばらくは行為そのものになれることで、精神的にプレッシャーを軽減する、慣れたという意識を体に植え付けることが重要とされています。

一人でする場合ではうまく行くのに女性と一緒の場合に早漏になってしまう原因はこの精神的なものが原因とされています。
最初はなかなかうまく行かないかもしれませんが、トレーニングすることで自分自身に自信を持つこともできるのですが、これも早漏を治すうえで非常に重要なことです。
一説には早漏は脳が引き起こしてしまう現象と言われています。

極度の興奮状態、緊張状態が発生することで女性を意識しすぎて射精を極端に早く促してしまうからです。

このような場合は前述のようにゴムなどで遮断しつつ、最初は慣れることが重要です、最初から無理をしすぎてはいけないのですね。

また最近ではコンドームも早漏防止用のものも発売されています。
これは感度をやや悪くして早漏を防ぐというタイプのものです。

最初は違和感があるかもしれませんがとにかく性行そのものに慣れて自分自身に対して「自分は早漏ではない」という精神的なイメージを植え付けるトレーニングも行っていきましょう。

早漏はあまり悩まないことも重要です、精神的に重みがかかるとやがてそれが勃起不全などになる場合もあります。
デリケートな部分の悩みなので仕方ないかもしれませんが早漏はトレーニングなどで改善はできるのです。
一生このままだったらどうしようという人もいるかもしれませんがそういう考えが早漏を引き起こしてしまう場合もあるのです。

早漏の原因とそれらのトレーニング法などは下記のHPも参照ください

早漏克服!プロによる早漏克服法!

 

既存の早漏の対策方法

早漏の対策にはいくつか方法があり、少し前に流行ったのがトノスという薬を幹部に塗るというものです。
このトノスは一種の麻酔効果があり、感覚がマヒするので早漏の対策などで一時期話題となりました。
使った人のレビューなどみるとまちまちですが人によっては大分改善されたようです。

しかし、現在薬事法が改正され、ネットではトノスが購入できなくなってしまい、最近あまり話題とならなくなりました。

ネット通販などで購入できるトノヒメゴールドなどが発売されましたが、トノスと比べると効果はあまりないとのことであまり人気はでなかったようです。

その他に早漏対策として話題となったのが向精神薬による早漏の克服です。
実は一部のうつ病の薬などには早漏を改善するという報告例があるのですが、はっきりいってこれは絶対おすすめしません。

この精神薬はSSRIいう精神薬ですが、一部早漏を改善するという報告例もあるものの、早漏になってしまう、起たないといういわゆるインポ状態になってしまうという報告例もあるのです。
そもそも精神薬がどのように早漏を改善するかどうかもはっきり解明されてないにも関わらずむやみに使うのはやめておいたほうが無難です。

早漏どころかインポテツになってしまったり、性欲そのものがなくなる恐れもあるからです。
薬を飲むだけという手っ取り早い早漏対策なので興味を持つ人も多いかもしれませんが、薬に頼る早漏克服は辞めておきましょう。
また薬の場合インポテツ以外にも副作用が様々ある場合もあります。
そもそも医師側が処方するかどうかも不明なので薬以外の早漏克服を行うようにしましょう。

早漏は治る?意外なその原因とは?

早漏は治るのか?
実は以前から早漏に悩まされていました。
敏感というか、たぶん精神的な問題なんでしょうね。
調べてみると早漏の原因は過敏症と精神的なものからくるものと分かれるそうです。

私の場合は過敏症かと最初は思ったのですが、どうも精神的な部分から来てるようです。
そういえば以前精神的に悩んでた部分もあり、そのせいで薬を飲んでいたのでそれもあるかもしれません。

最初は慣れれば早漏は治ると周囲から言われていましたが、なかなか治りませんでした。
この早漏の悩み、女性との関係も壊れてしまいそうでいつも精神的にきつくなっていたんですがそれも原因の一つなのかもしれません、
多分脳の部分で射精をしてはいけないという部分が意識的に強すぎて早漏になってしまうんだと自分では分析しています。

また、この早漏についてはあまり人に話せないので、自分で悩みを抱え込んでしまうのもキツイところです。
私の場合、たまたま仲のいい知り合いに話すことができたからいいものの、人によっては完全に誰にも打ち明けられず、悩み続けてる人もいるかと思います。

こういう下半身のなやみってやはり相談する場所もないですし、男としてプレッシャーというか精神的にきますからね。

また、男性って精神的に責任感を感じやすいのでそれも原因になってるかと思います。
周囲の人からすれば笑える話だけに相談できず、本人はさらに深刻に考えてしまうので厄介な問題かと言えます。

最近はネットでの早漏相談を行ってるクリニックなどもあるようですので以前よりもだいぶ改善されましたが、それでもまだ真剣に悩んでる人は多いのではないでしょうか?

早漏 治す